古書の街』神田神保町の古本屋・愛書館中川書房の古本・古書買取サイト・金石学に関する中国古典籍(唐本)『金石索』を出張買取いたしました

金石学に関する中国古典籍(唐本)『金石索』を出張買取いたしました

中国最後の王朝である清の時代に成立した古典籍(唐本)『金石索 全24冊』を出張にて買取りさせていただきました。貴重な品をお譲りくださりありがとうございます。

  • 出張買取
  • 2020年9月27日
地 域東京都西東京市
近 隣 駅田無駅/西武柳沢駅
買取分野

【商品詳細】

  • 書 名 : 金石索 全24冊
  • 著 者 : 馮雲鵬・馮雲鵷撰
  • 出版社 : 上海新馬路文新局石印 千頃堂
  • 発行年 : 光緒33年(1907)
  • 備考 : 木箱付 邃古齋蔵

唐本ほか中国古典籍や近代刊行の漢籍などは研究者や専門家などから需要があります

中国において著された書籍を「漢籍」といい、なかでも中華民国成立以前に刊行された書籍(古典籍)を「唐本」といいます。
買取りさせていただいた『金石索 全24冊』は光緒33年(1907)の刊行であり、「光緒」は清の第11代皇帝である光緒帝(徳宗)の治世に使われていた元号です。日本では明治時代にあたります。

金石学とは金石文(金属や石に刻まれた文字)を研究する学問であり、正確な文献資料の乏しい古代史を解明する上での重要な手段です。青銅器などの銘文研究を金文学、亀甲や獣骨に刻まれた文字の研究を甲骨学といい、そのほかに印璽・石刻・陶器・竹木などに記された文字の研究を総称して金石学といいます。
研究対象は食器・酒器・楽器・武器・古銭・印璽・銅鏡・仏像・梵鐘・石経・碑・碣・墓誌・墓誌銘・甲骨など様々あり、また、文字そのものや書法、刻まれた器物の研究なども含まれます。

金石学に関する研究は西洋や日本でも行われていますが、中国では北宋の欧陽修が金石学の創始者です。
中国では宋の時代(960年 – 1279年)に古物愛好が流行し、政治家・詩人・文学者・歴史学者にして唐宋八大家のひとりである欧陽修が金石や石刻の拓本を蒐集・研究して金石学の基礎を作りました。『集古録跋尾 全10巻』は金文や石刻の拓本を集めて解説した欧陽修の著作です。
その後は『先秦古器図』を記した北宋の劉敞が、古銅器の研究には器形・文字・歴史の三学があることを提唱しました。また、元祐7年(1092)に北宋の呂大臨がまとめた『考古図』は現存する最古の青銅器図録であり、211点の古銅器の器形と銘文解釈が収められています。
呂大臨から30年後には北宋の第8代皇帝にして北宋最高の芸術家の一人と言われる徽宗の勅命により、青銅器を中心とした古器物図録『宣和博古図 全30巻』が作られました。現在使用されている古銅器の名称の多くは『宣和博古図 全30巻』に由来するなど、中国古銅器や金石文などの研究に欠くことができない資料となっています。
一方の南宋では、薛尚功が『歴代鐘鼎彝器款識法帖 全20巻』を著し、「文字」の解読を推し進めました。

宋が滅びた後に成立した元や明といった王朝では金石学の研究は下火になりましたが、清の時代になると考証学の興隆に伴い金石学も再び盛んになりました。
考証学正統派の始祖とされる顧炎武の『金石文字記 全6巻』、朱彝尊の『金石文字跋尾 全6巻』、呉大澂の『説文古籀補 全14巻』『字説』などが有名です。

『金石索 全24冊』は清の時代の文学者・詩人である馮雲鵬(晏海)・馮雲鵷(集軒)兄弟がまとめた金石学の研究書です。
嘉慶25年(1820)から絵図の制作が行われ、道光元年(1821)に印刷が始まりました。しかし馮雲鵬・馮雲鵷兄弟は印刷が始まってからも蒐集と執筆を続け、最終的に道光3 (1823) 年に完成・刊行されました。買取りさせていただいた光緒33年(1907)版の『金石索 全24冊』は、道光3年に刊行されたものの復刻版です。
『金石索 全24冊』は「金索」の部と「石索」の部に分かれてそれぞれ6巻12冊で構成されています。金索は殷周から漢と宋元時期までの鐘鼎・兵器・権量雑器や歴代の紙幣・璽印・銅鏡、石索は代の石刻や字を持つ磚と瓦当が収録されています。各器の後に銘文釈読や馮氏の考察が付されており、さらに石索には碑文だけでなく考堂山や武梁祠の画像石も収録されています。

周追敦


唐璧水竟/唐鑑心鏡


李斯書


漢長楽宮瓦

愛書館中川書房では『金石大字典 全32冊』『小校経閣金文拓本 全18冊』『陶齋吉金録 全8冊』『英国所蔵甲骨集 全4冊』『求古精舍金石図 全2冊』『中国金石陶瓷図鑑』など金石学関係の古典籍(唐本)や漢籍(中国刊行書籍)の出張買取を承っております。
以前には『泰東巧芸百選 全6冊』『殷墟甲骨刻辞類纂 全3冊』『首都博物館藏古代瓦當選』『甲骨文字字釈綜覧』など古典籍(唐本)ほか漢籍を出張にて買取りさせていただきました。唐本など中国で刊行された古典籍や漢籍は専門家や研究者などから需要があります。

【当店取扱商品】

書名:北魏墓誌百種
著者:戚叔玉等選輯
出版社:上海書画出版社
発行年:1987年
備考:拓本影印全10輯100葉


書名:殷周金文集成 全18冊
著者:中国社会科学院考古研究所編
出版社:中華書局
発行年:1987年

金石学ほか中国に関する古典籍(唐本)や古書の買取強化中!

このほか愛書館中川書房では『中国珍稀法律典籍集成 全14冊』『梅原末治考古図録集 全13冊』『高句麗時代之遺跡 全2冊』『殷代青銅文化の研究』など、金石学だけでなく中国に関する古書全般の出張買取を承っております。
『蒙漢字典 全2冊』『支那古代家族制度研究』『宋代易学の研究』などお手元に気になる品がありましたらお気軽にご相談ください。


書名:高士傳印譜 全4冊
出版社:上海古籍書店
発行年:1989年
備考:原石精拓 初摺100部


書名:唐代叢書 大字精校 唐人説薈 全16冊
著者:陳蓮塘
出版社:掃葉山房

愛書館中川書房は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県など関東を中心に全国へ出張買取にお伺いしております(内容・量・地域によっては出張や買取りができない場合があります)。詳しくは買取の流れをご覧ください。
当店の出張買取は予約制です。下記の買取専用フリーダイヤルからお気軽にご相談ください。
【古書出張買取専用フリーダイヤル 0120-489-544】

このページのTOPへこのページのTOPへ

専用フリーダイヤル 0120-489-544

※電話・メール相談の前に必ずこちらからご利用方法をご確認ください。
※一部商品において、お引取り等が出来ない商品もございますことをご了承ください。