古書の街』神田神保町の古本屋・愛書館中川書房の古本・古書買取サイト・マッチラベル・記念タバコほか紙ものを出張買取いたしました。

マッチラベル・記念タバコほか紙ものを出張買取いたしました。

マッチラベル・記念タバコ・タバコラベルほか紙ものを出張にて買取りさせていただきました。大切にされていた品をお譲りいただき誠にありがとうございました。

  • 出張買取
  • 2019年10月17日
地 域東京都文京区湯島
近 隣 駅湯島駅/御茶ノ水駅
買取分野

【商品詳細】


マッチラベル


タバコラベル


記念タバコ DAICONⅢ(DAICON FILM)

マッチラベル・記念タバコほか紙ものは愛好家・蒐集家から喜ばれます

1827年、イギリスの化学者ジョン・ウォーカーが考案した、マッチ棒の先端部分(頭薬)に塩素酸カリウム硫化アンチモンを使用した「摩擦マッチ」がマッチの始まりと言われています。1830年には頭薬に黄燐が用いられたもの、1850年頃からは赤燐を用いたマッチが開発された後、箱の側面に赤燐を用いたヤスリ状の摩擦面のある安全マッチが登場します。

日本においては明治維新後、フランスで製造技術を修得した清水誠が帰国後の1875年にマッチの製造を開始します。1878年にはマッチが輸出されるようになり、次第に重要輸出製品のひとつとなっていきます。最盛期である20世紀初めにはスウェーデン・アメリカと並び、日本は世界三大生産国となります。

国産化されてから花形輸出品となったマッチですが、そのラベルデザインが商取引のカギとなったと言えます。古くは浮世絵師や絵馬師などが描いていたと言わており、動物柄や植物・鳥・魚など様々な意匠が施されています。
明治初期には一度刷りでデザインも海外の模倣が多くありましたが、2色刷りや多色刷りが誕生した頃からは輸出先に合わせた独創的なものや世情を反映したもの、日本の伝統文化を取り入れたものなど多方面にわたるデザインで世界市場を賑わせます。
その後デパートや喫茶店、旅館やホテル、観光名所、企業など宣伝付のマッチが登場します。趣向を凝らしたデザインとキャッチコピーが限られた小さなスペースの中に繰り広げられ、マッチラベルは広告媒体として確立されていきました。

また、マッチを「燐寸」と書くことからマッチラベルのことを「燐票」とも言います。燐票は明治頃からすでに人気を集め、当時でも「燐票家」「愛燐家」と呼ばれる蒐集家が集まって交換会を開いたほどでした。
多様な意匠が施され芸術作品とも言えるマッチラベルですが、戦前・戦後の世相を表す資料でもあります。現在でも国内外問わず燐票家・愛燐家は存在し、特にマッチが出始めた頃の明治初期の燐票(古票)は熱狂的な蒐集家が多くいらっしゃいます。

愛書館中川書房ではマッチラベル・記念タバコのほか、古地図、映画パンフレット・チラシ・ポスター、鉄道・飛行機・船舶などのカタログ・チラシ・古い時刻表や硬券切符・竣功図など様々な紙ものの出張買取を承っております。
マッチラベルをはじめ、こうした紙ものの愛好家や蒐集家、研究者や専門家は多くそれぞれに根強い人気があります。紙ものは一見すると価値の無いように見えるかもしれませんが、貴重な資料が混ざっていることがございます。ご自身で処分してしまう前にぜひ愛書館中川書房へご相談ください。

【当店取扱商品】

麻布十番・神田ほか千社札


『車両竣功図表』東武鉄道株式会社


戦前の地図・鳥瞰図・パンフレット


パンフレット「ぶら志゛る丸(ぶらじる丸)」大阪商船

満洲・台湾・朝鮮などの生写真や絵葉書といった紙ものの買取強化中!

このほか愛書館中川書房では『南満洲鉄道案内』『朝鮮鉄道旅行案内 附金剛山遊覧の栞』『大日本外地写真帖』『清国北京皇城写真帖 全2冊』ほか満洲・台湾・朝鮮などの絵葉書や生写真といった紙ものの出張買取も承っております。
植民地関係の生写真、植民地で発行された小冊子・市街地図・鳥瞰図・絵葉書、中国・満州・朝鮮・樺太ほか戦地から送られた書簡・葉書・エンタイヤなどは流通数が少ないこともあり専門家から蒐集家まで、様々な方から人気があります。お手元に気になる品がありましたらお気軽にご相談ください。


朝鮮関係の絵葉書(戦前)


ポスター「金剛山」朝鮮総督府鉄道局


中国・朝鮮 鉄道・駅舎生写真

愛書館中川書房は東京都だけでなく神奈川県・埼玉県・千葉県など関東を中心に全国各地へ出張買取にお伺いしております(内容・量・地域によっては出張や買取りができない場合があります)。経験豊富な店主または店長がお伺いし、買取りをさせていただいておりますので遺品整理・引っ越し・リフォーム・断捨離などに伴う蔵書の整理は愛書館中川書房にお任せください。

【古本出張買取専用フリーダイヤル 0120-489-544】

このページのTOPへこのページのTOPへ

専用フリーダイヤル 0120-489-544

※電話・メール相談の前に必ずこちらからご利用方法をご確認ください。
※一部商品において、お引取り等が出来ない商品もございますことをご了承ください。