古書の街』神田神保町の古本屋・愛書館中川書房の古本・古書買取サイト・明治期和本・河鍋暁斎ほか『通俗伊蘇普物語』を出張買取いたしました

明治期和本・河鍋暁斎ほか『通俗伊蘇普物語』を出張買取いたしました

明治時代初期に刊行された和本『通俗伊蘇普物語 全6冊』(鍋暁斎・藤沢梅南・榊篁邨画)を出張にて買取りさせていただきました。大切にされていたお品をお譲りくださりありがとうございました。

  • 出張買取
  • 2019年4月27日
地 域東京都品川区五反田
近 隣 駅五反田駅/不動前駅
買取分野

【商品詳細】

  • 書 名 : 通俗伊蘇普物語 全6冊
  • 著 者 : 渡部温訳 河鍋暁斎ほか画
  • 出版社 : 渡辺氏蔵梓
  • 発行年 : 明治6年(1873)序


河鍋暁斎ほか有名絵師が挿絵を手がけた和本は蒐集家にも人気です

『通俗伊蘇普物語 全6冊』は古代ギリシアの寓話作家として知られるアイソーポス(イソップ)によって収集されたという『イソップ寓話』の和訳です。
『イソップ寓話』は文禄2年(1593)にイエズス会の宣教師によってローマ字表記で翻訳され、江戸時代初期には漢字平仮名交じりの『伊曾保物語』が広まりました。『伊曾保物語』は教訓物仮名草子に大きな影響を与えたと考えられており、明治時代に英学者である渡部温が翻訳した『通俗伊蘇普物語』は江戸っ子の口語を多用するなど分り易い言い回しを意識しており、小学校の修身の教科書としても用いられました。
現代でもよく知られている話として、「アリとキリギリス」「ウサギとカメ」「王様の耳はロバの耳」「ガチョウと黄金の卵」「北風と太陽」「卑怯なコウモリ」などがあります。
なお、渡部温の功績としては『通俗伊蘇普物語』のほかに中国の漢字字典『康煕字典』の校訂をほとんど独力で成し遂げたことが挙げら、そのほか地学・軍事・経済など多くの分野で翻訳の実績を作りました。

『通俗伊蘇普物語』の挿絵は河鍋暁斎、藤沢梅南、榊篁邨の3名が手がけています。
河鍋暁斎は幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師であり、多くの戯画や風刺画で人気を博しました。浮世絵師である歌川国芳、狩野派の絵師・前村洞和のもとで学び、特に歌川国芳の影響で写生に力を入れており、貧乏長屋の喧嘩口論、拾った生首、火事、釣った鯉、女中の帯などの写生に関する話が残るなど筆力・写生力が高く評価されています。
代表作には「枯木寒鴉図」「新富座妖怪引幕」「地獄変相図」「地獄太夫と一休」「百鬼夜行図屏風」などがあります。『通俗伊蘇普物語』では33点の挿絵のうち23点を手がけました。

藤沢梅南は藤沢次謙のことです。藤沢次謙は旧幕臣のひとりであり、陸軍総裁・勝海舟を支えた参謀役として知られているほか、兄に蘭学者の桂川甫周がいます。薩長の下に就くのを嫌い、明治4年(1871)に退官し、以後は武術・兵学・蘭学・書・絵画などに興じて過ごしました。『通俗伊蘇普物語』では7点の挿絵を描いており、巻頭の挿絵も藤沢梅南によるものです。

榊篁邨は本名を榊令輔といい、杉田成卿のもとで蘭学を学んだ洋学者です。江戸幕府直轄の洋学研究教育機関である蕃書調所や海軍省などで働いたほか、油絵や洋式木版画を手がけました。『通俗伊蘇普物語』では3点の挿絵を描いています。

愛書館中川書房では『新増補 大日本船路細見記』『世界節用無盡藏』『画本武蔵鐙』『療治之大概集』『東京古地図明治10年代』『東京両国橋之図 3枚続』など明治時代や大正時代に入ってから出版された和本や浮世絵・錦絵・木版画・古地図など紙もの類の出張買取を承っております。
以前には『東京名勝図会 全2冊』『養蚕新論 全2冊』『増補 考古画譜』『頭書挿画 萬國通商往来』『改良 横浜全図』『東京三井組ハウス 東京名所海運橋五階造真図 3枚続』などの明治時代に刊行された和本や浮世絵・古地図ほか紙ものを出張にて買取りさせていただきました。人気の高い浮世絵師が挿絵を手がけた物語や名所図会などの和本や浮世絵・錦絵・木版画などは研究者だけでなく蒐集家からの需要もあります。

【当店取扱商品】

書名:ちりめん本 花咲爺(英文)
著者:ダビド・タムソン訳
出版社:長谷川武次郎
発行年:大正10年(1921)


書名:土木工要録 天・地・人・附録2帖 全5冊
著者:内務省土木局
出版社:有隣堂
発行年:明治14年(1881)


書名:京華図案 全2冊
著者:長谷川契華
出版社:芸艸堂
発行年:明治31年(1898)

和本ほか古典籍に関する古本の買取強化中!

このほか愛書館中川書房では『狂歌三河名勝図会』『智恵鑑』『嶋原記 全3冊』『改正増補 大日本国順路明細記大成』など江戸時代以前に刊行された和本・古地図・浮世絵など古典籍の出張買取も承っております。
『大日本国開闢由来記 全7冊』『絵本栄家草 全2冊』『和漢研譜 全3冊』『和英通韻 以呂波便覧』などお手元に気になる品がありましたらお気軽にご相談ください。


書名:南総里見八犬伝 全98巻
著者:曲亭馬琴(滝沢馬琴)
出版社:丁子屋平兵衛版
発行年:文政13年(1830)~天保13年(1842)

愛書館中川書房は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県など関東地方を中心に全国各地へ無料出張買取にお伺いしております(内容・量・地域によっては出張や買取りができない場合があります)。こちらの買取事例は明治時代に刊行された和本でしたが、愛書館中川書房では江戸時代以前の古典籍や戦後に刊行された学術専門書・趣味の本など幅広い分野の書籍を取り扱っております。詳しくは取扱分野をご覧ください。
出張買取のご依頼は下記の買取専用フリーダイヤルにて承っております。お気軽にお電話下さい。
【古本出張買取専用フリーダイヤル 0120-489-544】

このページのTOPへこのページのTOPへ

専用フリーダイヤル 0120-489-544

※電話・メール相談の前に必ずこちらからご利用方法をご確認ください。
※一部商品において、お引取り等が出来ない商品もございますことをご了承ください。