古書の街』神田神保町の古本屋・愛書館中川書房の古本・古書買取サイト・葛飾北斎『富嶽三十六景』ほか名所絵などの浮世絵を出張にて買取り

葛飾北斎『富嶽三十六景』ほか名所絵などの浮世絵を出張にて買取り

『富嶽三十六景』『諸国滝廻り』『諸国名橋奇覧』ほか名所絵や美人画、花鳥画など葛飾北斎・歌川広重・東洲斎写楽・喜多川歌麿・渓斎英泉といった著名な浮世絵師の浮世絵(木版画)を出張にて買取りさせていただきました。シリーズものを全点揃った綺麗な状態でお譲りくださりありがとうございました。

こちらの買取事例は浮世絵師または浮世絵のジャンルごとに複数記事に分けてご紹介いたします。詳しくは以下の記事をご覧ください。

「美人画『青楼十二時』ほか喜多川歌麿の浮世絵(木版画)を出張買取」
「冨士三十六景ほか歌川広重の名所絵などの浮世絵(木版画)を出張買取」
「東洲斎写楽全集ほか役者絵や美人画の浮世絵を出張買取いたしました」

  • 出張買取
  • 2019年10月3日
地 域東京都国分寺市東恋ヶ窪
近 隣 駅恋ヶ窪駅/西国分寺駅
買取分野

【商品詳細】

  • 書 名 : 富嶽三十六景 決定版 全46枚
  • 著 者 : 葛飾北斎
  • 出版社 : 加藤版画研究所
  • 発行年 : 昭和35年(1960)


「神奈川沖浪裏」


「江戸日本橋」


「諸人登山」

文政6年(1823)頃から制作され天保2年(1831)頃から刊行された『富嶽三十六景』は葛飾北斎の代表作のひとつです。遠近法や紺青(プルシャンブルー)という濃青色を用いたことが特色として挙げられます。
「富嶽」は富士山の別名であり、「神奈川沖浪裏」「江戸日本橋」のように遠景に配したものや「凱風快晴」「山下白雨」のように富士山を画面いっぱいに描いた作品など、富士見のできる各地が織り交ぜられています。『富嶽三十六景』のなかでも「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」「山下白雨」は大役物と呼ばれる傑作であり、特に「神奈川沖浪裏」は葛飾北斎の作品全体においても世界で最もよく知られる有名な日本美術作品のひとつです。


書名:諸国滝廻り 全8枚
著者:葛飾北斎
出版社:アダチ版画研究所


「美濃ノ国 養老の滝」


「和州吉野 義経馬洗滝」


「下野黒髪山 きりふりの滝」

『諸国滝廻り』は『富嶽三十六景』が刊行されたあと、天保4年(1833)頃に同じ版元から出版された連作です。「美濃ノ国 養老の滝」「和州吉野 義経馬洗滝」「下野黒髪山 きりふりの滝」「東都 葵ケ岡の滝」「東海道 坂ノ下清滝くわんおん」「木曾路ノ奥 阿弥陀の滝」というように、江戸近郊だけでなく諸国の名瀑が題材になっています。
葛飾北斎のほかの作品と異なり、『諸国滝廻り』には墨版(墨色の版木)がなく本藍で摺られた線が主版となっているのが特徴です。


書名:千絵之海 全10枚
著者:葛飾北斎
出版社:アダチ版画研究所


「下総登戸」


「宮戸川長縄」


「総州銚子」

『千絵の海』は『諸国滝廻り』とほぼ同時期に出版されたと考えられている連作です。日本各地の海や河川を舞台に様々な漁の風景、波や水しぶきといった変幻する水が描かれています。藍のぼかし(グラデーション)にとって水の深さや広さが表現されており、葛飾北斎が追求し続けた「水」の表現を楽しむことができます。


書名:諸国名橋奇覧 全11枚
著者:葛飾北斎


「山城嵐山吐月橋」


「摂州安治川川口天保山」


「摂州天満橋」

葛飾北斎が70代後半に次々と発表した風景版画の連作『富嶽三十六景』『諸国瀧廻り』『千絵の海』の最後を飾ったのが『諸国名橋奇覧』です。『諸国名橋奇覧』は日本全国の珍しい橋をモチーフとしており、実在する橋のほか伝説上の橋も描かれています。例えば「飛越の堺つりはし」はまるで綱渡りのような不安定な形状の橋を描いた大胆な構図であり、名所絵としての写実性だけでなく北斎の遊び心も感じられます。


書名:ボストン美術館版 北斎狂歌絵本
出版社:アダチ版画研究所
発行年:昭和62年(1987)

葛飾北斎ほか江戸時代に摺られた浮世絵師の作品は蒐集家から人気です

葛飾北斎は江戸時代後期の浮世絵師にして、江戸を中心とした町人文化の全盛期にあたる化政文化を代表する人物のひとりです。
宝暦10年(1760)に現在の両国付近で生まれた葛飾北斎は貸本屋の丁稚や木版彫刻師の従弟となった際に絵に興味を持ち、安永7年(1778)に江戸時代中期を代表する浮世絵師・勝川春章の門下となります。大和絵・琳派・狩野派・唐絵・西洋画など様々な画法を学び翌年には役者絵でデビューを果たしますが、寛政6年(1794)に 勝川派を破門されました。
文化2年(1805)から 「葛飾北斎」の号を用い、文化11年(1814)に 『北斎漫画』の初編を刊行しました。『北斎漫画』は天保2年(1831)から天保4年(1833年)に刊行された『富嶽三十六景』とともに葛飾北斎の代表作です。その後も『富嶽百景』『百物語』『百人一首乳母が絵説』などを制作しました。

愛書館中川書房では歌川広重『江都名所』『名所江戸百景』、歌川国芳『江戸名所』、歌川貞秀『伊勢名所図会』、一曜斎国輝『東京名所一覧独案内』など葛飾北斎だけでなく様々な江戸時代の浮世絵師の名所絵の出張買取を承っております。葛飾北斎・歌川広重・歌川国芳ほか江戸時代の著名な浮世絵師の作品は日本だけでなく外国の蒐集家からも需要があります。
以前には葛飾北斎『東都勝景一覧 全2冊』『勝景奇覧 全8枚』、中井藍江『播磨名所巡覧図会 全5冊』、歌川広重『富士見百図』などの浮世絵や絵師による挿絵入り名所図会(和本)を出張にて買取りさせていただきました。浮世絵など木版画の買取事例については「『京華図案』『北斎漫画』など木版画関係の古本を出張買取致しました」でもご紹介しております。

【当店取扱商品】

作品名:書画五拾三駅 全53枚
絵師:歌川芳虎

葛飾北斎ほか浮世絵・錦絵・絵本など江戸時代の古典籍を買取強化中!

このほか愛書館中川書房では葛飾北斎画『新編水滸画伝 全9編全90冊』『児童文殊稚教訓 全3冊』『飛騨匠物語 全5冊』、勝川春章『錦百人一首あつま織』『絵本義経一代実記』、長谷川雪旦画『江戸名所図会 全20冊』『江戸名所花暦 全3冊』など浮世絵だけでなく江戸時代の和本など古典籍の出張買取も承っております。
『洛陽洛外手引案内』『春日大宮若宮御祭礼図 全3冊』『万国航海西洋道中膝栗毛 全30冊』などお手元に気になる品がありましたらお気軽にご相談ください。


書名:白縫物語 全90編
著者:柳下亭種員・二世柳亭種彦 三世豊国・二世国貞ほか画
出版社:藤岡屋・広岡屋梓
発行年:嘉永2年(1849)

愛書館中川書房は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県など関東地方を中心に全国各地へ出張買取にお伺いしております(内容・量・地域によっては出張や買取りができない場合があります)。詳しくは出張買取地域をご覧ください。
当店の出張買取は予約制です。まずは下記の買取専用フリーダイヤルへお電話ください。
【古本出張買取専用フリーダイヤル 0120-489-544】

このページのTOPへこのページのTOPへ

専用フリーダイヤル 0120-489-544

※電話・メール相談の前に必ずこちらからご利用方法をご確認ください。
※一部商品において、お引取り等が出来ない商品もございますことをご了承ください。